メディア掲載情報(妻が)&すごいの来た

本籍の役所で身分証明書を発行してもらおうとしたら、間違えて独身証明書を発行されそうになった土本自転舎です。

結婚相談所にでも行くのかと思われたみたいです。


私は既婚です。



さて、メディア掲載情報です。


とよたでつながるローカルメディア 縁側 にて、妻が取材を受け、このたび記事が掲載されました。


記事はこちら→ https://engawa-toyota.com/wp/20210323interview-tuchimoto/


地方へ移住したい、とか、山里で暮らしてみたいという方の背中を押すであろう、とても読み応えある内容です。

取材の日は和気あいあいといった感じで、皆とてもリラックスしておしゃべりをしていた。そんな印象です。さすがプロです。とにかく終始楽しい取材でした。ありがとうございます。


そう、土本自転舎は山里で営んでます。

地区の活動や消防でお会いした方々や、移住者の友人、妻の友人など。

日々様々なお客様がご来店されます。


農家、農家、木工家、農家、宿経営、そして別荘に住まれている方や、代々ずっと住まれている方たちにもご来店いただいております。



ついに来ました。


倉庫から出てきたけど直せますか?というメッセージとともに送られてきた写真に、胸がドドドドドドド

キドキドキドキ!!!

来たーーー!!!


フラッシャー!実用車!シマノFFシステム!(ググってください)


修理中にご来店したお客さまは、子供のころのスーパーカーだ!!!と言ってしばらく釘付けでした。


この自転車、もちろん今とは全く規格が違います。


んで、直せるの?これ?という質問があると思いますが、、、

FFシステムの取り付けが間違っていましたが、部品の欠損などがなく、今回は修理が可能でした。

あとは折れたスポークを交換して終了。


ハンドルやサドルに元オーナーさんの改造が垣間見えますが、基本ディスプレイ用途だということなので、元にもどしてお渡しです。

お客様、もう少々お待ちください。



明日は定休日ですが、荷物の入荷やオーダーいただいた車体の入荷があるため、午後から仕事してます。


もしご用の歳は、お電話いただければ対応できます。


明日も楽しみです。

土本自転舎

愛知県・岐阜県・長野県の県境に位置する、豊田市稲武地区の自転車屋 奥三河と東濃にほど近い、自然豊かな山里の”小さな小屋”で営んでいます。 ◇奥三河と東濃では初のsurly特約店 ◇surly kona ヨツバサイクル 取扱店 ◇自然豊かなフィールドで遊んでいる店主が、”山里で遊べる自転車”を提案 ◇整備士歴10年の実績、幅広いジャンルや年式の修理、カスタマイズが可能 ◇ポタリングイベント主催

0コメント

  • 1000 / 1000