日記

もうすぐ年末。

今日は商工会青年部主催の町内ゴルフコンペが開催され、僕は受付係で稲武カントリーへ行っていました。

ゴルフ場へは今回の準備などで生まれて初めて入りました。

知らない世界を知った32歳、初冬。


さて来年度からは、土本自転舎のHPに工賃表や出張費用を細かく明記して、さらにご利用いただきやすくなるように準備をしています。


またチラシも書き換えていきますので、また完成しましたらラミネートして、いつも貼ってくださっているお店さんに図々しく「また目立つところに貼ってください!」とか言いながら持っていきます。お店のみなさまよろしくお願いします!



最近また自転車の修理もバッグも写真を取らずにそのままお渡ししてしまい、写真がない。


ずーっと書いてきたブログのおかげで文章を書くのは段々と慣れてきて、アウトプットができるから今となっては頭の整理ができる大事な時間ですが、

写真を撮ることがまだまだ身に付いていないので、つまらない物でも「くっまたつまらぬ物を撮ってしまった」とか呟きながらでも撮影しなきゃと反省しています。



12月も出店があります。

また詳細決まり次第告知いたします。


では明日もよろしくお願いいたします。



修理用部品の発注に四苦八苦している土本自転舎。


300円ほどの小さな部品が部品メーカーに見当たらず、Amazonやら楽天やら何やらで定価で買おうとしてもなかなか見つからず、、、


自転車に限らず全てのものがそうだと思いますが、たとえ小さな部品でも、それが無くては完成しないので絶対に見つけなければいけない、、!!



さて、土本自転舎。

Googleマップに登録しました。


登録されたところでかなーーりわかりにくい立地なのは相変わらずで申し訳ないのですが、家で仕事をしている状態なので、家にピンが打ってあります。


わかりにくくてすいません。


どうやら星いくつ とかで土本自転舎の評価ができるようです。


場所が分かりづらい ということで星1つが付くのも時間の問題かと思いますが。笑



まぁ、気が向いたら評価でもしてみてください。


ちなみに褒められて伸びるタイプです。


褒められて伸びるタイプです。

褒められて伸びるタイプです。

褒められて伸びるタイプです。

褒められて伸びるタイプです。



今後ともよろしくお願いいたします。

気分転換にMt,押山へ。


稲武にある押山という山です。

雲海で有名。


稲武にある押山。ややこしいことを言いますが、正確には押山町にある押山。


押山町とは、いわゆる稲武と言われる豊田市の13の町のうちの一つ。


なので押山というと町の名前でもあるし山の名前でもあるので、押山へ行く際は「マウント押山へ行くぜ。」と言いましょう。(特に正解はありません)

この日はグラベルバイクで出動。ペダルは定番のクランクブラザーズ STAMP 1。ペダルが薄いのでダイレクト感のあるペダリングです。ペダル大事。当店、輸入元ライトウェイの契約店です。


CRANKBROTHERS STAMP 1 ライトウェイ公式サイト


今日は夕方に稲武の町内ゴルフコンペの搬入手伝いで稲武カントリーへ行ったので「マウント押山」への峠を、自転車と車とで2回行きました。

夕日が見れそうだなぁと思いつつ、タイムリミットがあったのでそのまま帰りました。


今度は夕日が見たいなぁ。


稲武には登山道が整備された山が二つあって、もう一つの山 城ヶ山は車から山頂まで大体1時間くらい、それに比べて押山は車でかなり近くまで行けるので、子供と一緒に行くのもオススメです。



では明日もよろしくお願いいたします。

本日もありがとうございました。


納品をしつつ、ホームページの書き換えやロールトップサコッシュのアタッチメント撮影などをして、夜は商工会青年部のセミナー受講でした。


まだ11月ですが、すっかり朝晩は寒いので今年もあと少し という気分になってきます。


早めに色々とリリースしたいところなので、年末年始の飲み会?を糧に頑張ります。


さて明日は水曜日 定休日となっていますが昨日しっかりお休みをいただいたので明日は営業です。



オンラインストアでは、SALT WORKSのロールトップサコッシュを販売しています。


8月のリリースから、各地へ出展をして皆様のお手元に届けることができました。




では明日もよろしくお願いいたします。



明日は結婚記念日。予定との兼ね合いもあり今日、結婚式を挙げた瀬戸の深川神社へ家族で行ってきました。


尾張旭市と稲武との中間 ということで瀬戸市。


実は学校が瀬戸だったこともあり瀬戸市の旧商店街は割と知っていました。


しばらく行かないうちに、だいぶ店が増えてきたなぁ と思った3年前。

また店が増えたなぁ と思った2年前。

またまた店が増えたなぁ と思った1年前。

またまたまた店が増えたなぁ と思った今回でした。


瀬戸、すごい。

知っているところもあり知らないところもありで、新旧入り混じった町というのは魅力的ですね。


知っている瀬戸もあり、知らない瀬戸もあった。

もちろんかつて行ったお店がなくなっていたり、というのはありましたが、新しい芽が出てきていることに明るい未来を感じました。


商店街に新規で入ることには大変なこともあるでしょうが、遊ぶにいく者としてはまた行くのが楽しみになっています。


では明日もよろしくお願いいたします。

今日はあけび沢パンプトラックでレンタサイクルを貸し出しして、管理人は1日工房で作業の日でした。


いつもの「管理人が居る日」が「レンタサイクルがある日」に。


オープンとお昼ご飯の時しか様子を見ることができませんでしたが、楽しんでもらえて何よりです。

なんか、あけび沢パンプトラックでは、やりたかったことが高い純度で実現できたなぁと思っています。


子供の外遊びの動機。その片隅にマウンテンバイクがあるということが、とても嬉しいです。




マウンテンバイクの遊びが始まってからおよそ40年、今でもニッチなスポーツですが昔はもっともっとニッチで、僕が始めた当初およそ20年前も、クリーンな形でのマウンテンバイク遊びは、よほど車で遠くにでも行かない限りできず(もちろん当時の僕にはできない)、基本的にマウンテンバイクでの山の走行は、グレーな遊びでした。

クリーンな とは、人様の土地、山を所有者などの許可を得て走るということ。

対義語でグレーといいますが、それはもちろんクリーンの逆のことです。


要するに山に遊び場がないまま、乗り物と愛好家が増えていったのです。


だいぶ遊び場が増えてきた昨今とはいえ、今もそうした状況のところもあります。

上に書いたことで大体察しがつくと思いますが、僕もグレーで遊んでいた一人です。


グレーが基本にあった僕からすると、今やっているクリーンな活動は特別なことをやっているというイメージが未だにありますので、今日みたいに1日コースにレンタサイクルを置いた、ただそれだけのことなのにこうして書いているわけです。


今の子供たちはというと、

地域にもよると思いますが、クリーンな形でのマウンテンバイク遊びが普通の子たちなので、クリーンが何も特別なことではないだろうと思います。


クリーンが特別なことではない という環境を提供し続けていきたいです。

クリーンだからこそ、遊ぶ人が増えるのだと思います。


マウンテンバイクがクリーンな形で楽しめるフィールドはこれからも増えていくと思いますし、クリーンを目指した小さな活動が日本各地で起こっている現状です。

そんな各地で起こっている活動には、必ず子供たちの姿があると思っています。


自転車、スポーツサイクル全般でそう言えますが、まだまだ交通の除け者であることは確かです。

除け者でなくなる世の中になるのがいつなのか、本当にそんな時がやってくるのかは全くわかりませんが、おそらくその頃にはたくさんの自転車愛好家が年齢的にリタイアし、僕も歳を取り、その代わり今こうして遊んでいる日本中の子供たちが大きく、たくましくなっていることでしょう。


その子たちが大きくなって、もしその時も自転車を好きでいてくれたら、冥利に尽きます。


まぁ、長文の割に内容に整合性があるような無いような なのは、マウンテンバイクのクリーンな環境というのは果たして何をゴールとしているのか がまだよくわかっていないからかもしれません。


どこの山でも走っていい なんていう日が来るとは今のところ思えないけれど。

ゴールがわからない なんてのも、兆しが見えてきたらまた考えも変わってくるだろうと思っています。



まぁこんなことを思ったわけですが、写真を改めて見てみると、

カオスです。どういう順番で走っているのかよくわからん笑笑


まぁでも、一見すると大人にとってはカオスですが、子供たちは友達同士なのでうまくやっているのでしょうね。子供たちからするとカオスじゃないのかも。


まぁでも来年からはコース走行の簡単なルールを決めようかな。

一人ずつ走る、とかそんな程度の。



他の日本中の、いろんなクリーンなコースでマウンテンバイクを楽しんでほしいから。


本日もありがとうございました。


11月19日にあけび沢パンプトラックの「管理人がいる日」をやりたいところでしたが、どうにも折り合いがつかず、


11月19日はヨツバサイクルと大人用の試乗車をパンプトラックへ持っていきますが、土本は不在です。

遊びに来てくださる皆様で自転車を共有して使ってください。


12インチから24インチ、26インチとサイズは揃っています。なので、3才くらいから大人まで楽しめると思います。

ただ管理人が不在なので、申し訳ないのですがレンタサイクルは共用の自転車としてシェアの精神で遊んでいただければ!と思います。


11月19日はレンタサイクルあり、ただし管理人不在 ということで初めてのこととなりますが、

自転車はそう簡単には壊れません笑笑

ので、思う存分に使ってください。

ヘルメットも用意しています。


コースも自転車も、使ってもらって初めて意味があります。


ぜひお誘い合わせの上あけび沢パンプトラックのご利用をよろしくお願いします!


今日も1日自転車の組み立て作業です。


フラットマウントディスクブレーキのフレーム、フォークのフェイシングをしてからブレーキをインストール。カタカナが多い。


こういう工具です。

へー、スポーツバイクの整備士っていろんな工具持ってるんだなぁーっていう程度の話ですが、フェイシングツールってお高いんですよね。


昨年あたりに出たカーボンフレーム専用のフラットマウントディスクフェイシングツール(カタカナが多い)なんて、直径2cmほど?の刃(というか面の精度の高いヤスリ)一個が◯万円でしたから、各地の自転車屋が購入するたびにすすり泣く声が各地からネットの波に乗って聞こえてきました。


うちはカーボンフレームを売ることがほぼほぼ無いし、自分も金属製フレームしか乗っていないのでまだ持ってませんが、カーボンフレームがある程度売れる店だったとしたら、買ってたんだろうなぁ、、あの面の精度の高い、単価も桁違いに高い”ヤスリ”を、、、。



とはいえ、ディスクブレーキの取り付け面のフェイシングは必要です。

やらなくてもブレーキは”効く”んですが、やらないと”カッチリ”効かないんですよね。


スポンジーとかスポンジって今でも言うのか?死語かもしれませんが、ブレーキをかけた時に柔らかい感覚っていう意味で、カッチリの対義語です。


昔オートバイレースのメカニックから聞いた話ですが、ディスクブレーキでもあえてトーインをつけること(スポンジにする)があるそうで、カッチリブレーキが必ずしもいいとは限らないそうですが。

トーインはかつてのMTB用ブレーキであるVブレーキやカンチブレーキでは定番の組み付けです。

定番とはいえ、あえてトーインをつけるのが好みの人と、カッチリさせたい人とでメカニックでも好みが別れるので、ブレーキの組み付けって面白いですね。


ちなみに僕はカッチリとスポンジを両方使い分けていますが、基本カッチリ派です。


どこでどう使い分けているかは書くのがめんどくさいので書きません笑笑

ちなみに自転車のディスクブレーキはトーインをつけると擦ってしまう可能性が出てきて、人力で走る乗り物なのでブレーキが擦るとものすごく疲れますから、僕は(というかおそらく全ての自転車メカニックは)全てカッチリに仕上げています。


ここまで書いておいて今更ですが、ブレーキの”スポンジー””スポンジ”の対義語として”カッチリ”を使ってますが、僕の造語なので本当のところは良く分かってません。

カッチリは全国共通ではないと思うので、カッチリに責任は持てません。笑



では明日もよろしくお願いいたします。




今日は自転車の組み立て作業に1日でした。


組み立て と一口に言っても、色々と作業内容はあります。

締め付けるボルトのトルク管理も大切な作業です、というかめちゃくちゃ大事。


今日も今日とてトルクレンチを使い締めていきます。

使うグリス、潤滑油も部位や素材によって使い分けているので、作業場にはグリスや潤滑油がたくさんあります。どれも使用頻度高めです。


今週は人と会うことが多く、明日は午前中に打ち合わせ、その前に自転車の組み立てを終えられたら、新城の平日ゆるっとマルシェへ行こうかと思います。


出店をできればしたいところですが、明日の作業次第なのでなんとも、、、です。



そんなこんなで忙しくさせてもらっている土本自転舎。



12月15日で3年目に突入です。


では明日もよろしくお願いいたします。

今日は午前中に設楽町田口で行われていた田口ロード、田口周遊祭へ家族で行き、午後から仕事、夜は大口町のShin服部製作所へ行ってアレコレ。すっかり夜となって珍しく11時にブログを書いてます。


時々服部さんの工房へ行くのですが、帰り道恵那市から稲武へ向かうと、毎度のことながらこんなに登ってるのか と稲武の標高の高さに気づきます。

いつもいる場所って俯瞰して見ることがあまりないので全てが当たり前になってきてしまいます。


明日は1日作業をしていますが、今週中は人に会う予定がいくつかあって、会う場所も様々なので工房には居たり居なかったりです。



今日は特に書くこともないのでこれくらいで。


では明日もよろしくお願いいたします。



雨の日は暖かいので、今日はストーブを焚いていると暑いくらいでした。


来週から天気予報では雪マークが付いたり消えたりしているそうで、そろそろ冬がやってくるんだなぁと、ちょっと前のことですが家の冬支度として床下の通気口を端材で埋めました。


ぴったりに作ることができたので嵌めるとポフっという感じで気持ちがいいし、気分がいい。

こういう小さな工夫で暮らしが良くなる感じ、好きです。


今日は自転車の作業を数件こなし、フェンダーの足りないパーツを発注し(お待たせしておりすいません)修理完了のお電話もしたのですが、当店固定電話を引いておらず、電話番号が070ー2220ー7469なのでちょっと怪しげでして、、すいません。

(固定電話を引こうとしたのですがあまりにも手続きがかなり面倒で、結局諦めました。)


またお電話いたします。


で、冬が迫ってきたからでもないのですが、ホームページを少しずつ書き換えております。

2年あれこれやってみて、自分の軸のようなものが改めて分かってきたというか、伝えたいことがうまく言葉に出来そうなので、今のうちに書き換えをパパっとやろう、そんな気になったのです。


今日の書き換えはここ、オンラインストア SALT WORKS コンセプトの文言。

ーーー

SALT WORKSは、スポーツサイクルに精通しメカニックとして10年以上のキャリアを持つ土本自転舎が製作する、サイクリングをはじめ様々なアウトドアシーンで活躍するハンドメイドバッグブランドです。

縫製業にも携わっていた経験を活かし、バッグのデザインから縫製に至るまでを一貫して自社で行っています。


暮らしながらフィールドテスト。引き算の観点でシンプルなバッグを。

土本自転舎の工房は、豊田市稲武地区にあります。愛知県、長野県、岐阜県の県境に位置する、人口2200人ほどの小さな山里です。

豊かなフィールドで文字通り”暮らしながら”日々製品のフィールドテストを行っています。

本当に使いやすいバッグとは何か?を考え続けています。余計な機能を減らし、引き算の観点からデザインをするSALT WORKSの製品は、軽量かつ必要十分な機能性を持つ、シンプルな製品です。


「ファスナーを使用しない」その強みと想い。

標高が高い山間部に位置する稲武の冬は、朝晩はマイナス10℃にもなり、日中も0℃を超えない日が続きます。

寒さでバッグのファスナーは硬くなり、ファスナーの開閉を繰り返すうちにバッグはファスナーから壊れてしまいます。

SALT WORKSの製品の特徴「ファスナーを使用しない」ことは、稲武の厳しい冬から着想を得ました。

長く使えるバッグは、フィールドで安心感を与えます。

壊れやすい部分がどこにもない。そこには稲武の冬の寒さが作り上げたSALT WORKSの強みがあり、より愛着を持って長く使ってほしいという想いが込められています。


SALT WORKSの製品を、サイクリングをはじめその他様々なシーンで使っていただければ幸いです。


ーーー


文章どうでしょう、大体伝えたいことは伝わっているといいなぁと。


もう少ししたら冬。

ロールトップでよかった、そう思える季節がやってきます。


さっきの端材で作った蓋もそうですが、ちょっとした工夫で良くなる というのはバッグにもアイデアを落とし込んでいきたいです。


オンラインストアももっと充実します。


乞うご期待ください。

今日、家の庭に雪虫が飛んでいました。

いつもより早い?気がする。


11月11日 WRC世界ラリー選手権 稲武の黒田での出店を終えて、ひとまず8月から続けてきた出店ラッシュは大体終えました。

朝3時集合で、真っ暗なタカドヤ湿地周辺で3時半ごろから設営。

設営を終え、段々と明るくなる山の中で来場者を待つ間、5年前の自分からすると想像もつかない所にいるなぁ、、とかなり大袈裟ですが人生の不思議を思いました。


年内の出店は 新城の平日ゆるっとマルシェ(予定が入っていて行けるかどうかまだ分からない、、)が最後になるか、はたまたWRCラリーが最後になるか というところです。


ラリー観戦エリアでの出店。ヨツバサイクルも展示して、ちょっとだけでしたがお子さまに乗ってもらいました。


出店というのはやったことがなかったので何が正解なのかよく分かりませんでしたが、きていただいたお客さまのおかげで、少しずつですが段々と感覚を掴んできました。


おかげさまでサコッシュは年内で想像した販売数の倍を超え、もうすぐ3桁に手が届く?のか?でとっても嬉しいです。


製作している中で、なんとバッグの底を縫っても縫っても失敗する という期間がしばらくありまして、とっても焦りました。(失敗したモノは端材として試作など別で利用しています。)

でもちゃんとまた縫えるようになって、商品は滞りなく作り、出店先で売り切れてしまい後日郵送したバッグもありご迷惑をおかけした時もありましたが、なんとか全てお渡しすることができました。


新作やサコッシュのアタッチメント、土本自転舎オリジナルグッズ(出店先で好評です)がまだオンラインストアに上げられていないので、早めにやります。お待たせしてすいません。



最近になって稲武の移住定住促進の会議に呼ばれるようになって、住民の端くれとして多少意見を述べる時があるのですが、頭の中から移住定住についての自分の考えを掘り出してくるのが難しくて、掘り起こすうちに何が言いたいのか自分でもよく分からなくなる、という状態です。


心の余裕を持っていないと他のことに支障が出ますね。

正直な話今の僕には荷が重すぎる役割だったなぁ、、とつい弱腰になってしまいます。


まぁ、所詮そんなもんです。



新城の平日ゆるっとマルシェへは出店ができると判明し次第告知いたします。


では明日もよろしくお願いいたします。