土本自転舎の日記


意外と好評です(自社調べ)。

酒のツマミに、暇つぶしに。店主の熱い思いを書く日もあれば、ダラダラと書く日もある、そんな土本自転舎の日記です。


相変わらずインスタのストーリーズばかり更新している土本自転舎。

写真一つに1行文章という手軽さで、写真映えなど気にせず、結構どうでもいい内容ばかりですがそれでもやっています。


僕は人のSNSはあまり見ないようにしています。SNSは他人がその手に持つ自分の定規で「これは◯◯センチもあるぞ!すげぇだろ」って見せびらかすツールなんじゃないか という偏見(って書きながらそれが真理だと思っている)を未だに持っているので、見るに堪えない。

しかし、ストーリーズというのは、僕の友人知人の今日の出来事を「今日こんなことあってさー」的に見る(聞く)ことができて、その駄話的なところに割と好感を持っています。



まぁ、でも僕がストーリーズに上げているものなんて見てもしょうがないものばかりですが、上げて満足というか、あれも一種の表現のようなものかもしれません。


このブログのように僕の考えを日によっては30分くらいかけて書くような緻密さはストーリーズには持ち合わせていませんが、近況をその場で軽ーく表現したいんだなぁと思って、たまに見ていただけると幸いです。



っていうわけで、インスタやってます。というお知らせでした。

今日は遠方からお越しいただいた皆様ありがとうございました。



では明日もよろしくお願いいたします。

新城のイベントから1週間が過ぎました。


当日お越しいただいた皆様、また商品をご購入いただいたり新規のオーダーをご注文いただいた皆様ありがとうございました。


2日間の出展予定でしたが、日曜日が土砂降り予報だったので土曜日のみの出店としました。

やはり土砂降りがあったようで、レースは途中終了とのこと。


浜松で出会った自転車系事業者の皆さんと新城でも再会し、和気藹々の出店でした。注文もあったし。



ここ1週間は、珍しくインスタグラムにライドや仕事のことを上げていました。

新城でハッチさんがストーリーズについて言っていたので、やってみようかなという気になって、珍しく1日に何度も上げています。


ブログネタが渋滞気味になっていますが、順番に書いていきます。



休日に渓流釣りに行っていました。

豊川市でSALT WORKSの製品を取り扱いいただいているコーヒー屋さん bean to goodayさんがテンカラを始めたい というわけで、まぁ僕は大して上手でもないのですが基本くらいは教えられるので、では行きましょう と道具が揃ったタイミングで出発 となりました。


行く先は、僕のお気に入りの渓流。


bean to goodayのトモさんは熱心なトレランランナーでもあるので、安心して山へ いや川へ向かうことができました。

当日はグッドコンディションで、僕はバラシ4匹キャッチ4匹。

トモさんもぎりぎり一匹釣ることができて、お互いこの渓流に生きている魚を見ることができました。

一年で10cm。2年で20cmになる渓流魚。今回いただいた魚は20cmほどで、初の渓流釣りを刺身でも満喫。


三河でアウトドア友達ができて嬉しい。

もはや東三河はアウトドアの聖地であり、新城でもわかるように東三河のアウトドア愛好家はとても多い。


またHATCHさんのように地産地消として東三河ブランドのサングラスやアウトドアグッズを展開している事業者もいて、アウトドア文化の成熟度が伺える。

当事者たちは皆、まだ始まったばかり と言いますが、確実に文化が出来上がっている。


西三河とか東三河とか、そういう区分で考えるのではなく山は繋がっているし、人の繋がりも山伝いにというか、そこも繋がっている。


なので僕は行政区分など全く気にしたくない。






はい、今週の出来事で書きたいことが山ほどあるのですが、一旦ここら辺でまた次回とします。



では明日もよろしくお願いいたします。

6月1日2日は出店のため不在となります。

また明日5月31日は出店準備のため修理などはお預かりとなります。

ご迷惑をお掛け致しますが何卒ご了承ください。




今日は朝ライドにカメラを持っていったことがラッキーだなぁと思えるくらいにいい風景に出会えた。

稲武のすぐ横、名倉のショートグラベルです。

ここは稲武ライダーがよく行く場所で、みんなよく写真を撮るスポットでもある。

桜の時期はぜひ来てほしいポイントです。

橋の先には道はない。旧道と思われるがもはや道の面影もない。あるのは橋だけ。


早朝の冷え込みの中走るには脱ぎ着できるものが必須。

フレームバッグを常時付けっぱなしにしていますが、日が差してきたら暑くなるので、上着を仕舞える場所としてもとても重宝しています。

フレームバッグは、荷物の重さを比較的感じないこともあり便利です。


フルオーダーフレームバッグの受付準備を進めています。

ロールトップタイプと、ファスナータイプを選べるようにする予定です。


今週末のイベントまでに間に合えばよかったですが、ちょっと無理そう。。


今週末のイベントはこちら。2日間出店します。


明日は出店準備により修理はお預かりになります。こちらの都合ですみません。


では明日、そしてイベント2日間もよろしくお願いいたします。

ポーチというか、バッグインバッグとしても使えるものを試作中。

バッグのマチ、四角と丸とをそれぞれ作り、いろんな使い方をして試しています。


今回は四角に軍配が上がった。

自転車では「チューブや携帯工具、パッチなど」

釣りでは「パーツケースなどの細長い箱やさまざまな釣り道具」

山遊び全版では「フィールドで使う火器類」

そして日常では「財布、スマホ」

四角マチはどのカテゴリーも入れやすい。

丸は、格好はいいが、なんというか収まりがあまり良くない。


というわけでいろんなシーンで使えそうなバッグがまた生まれそうです。

乞うご期待。

ひょっとしたら今週末のイベントに持っていくかも??です。


試作品のウェストポーチは確実に持っていきます。

2日間、よろしくお願いします!!



あ、余談ですが、うちにニワトリが来ました。

今日でうちに来てから3日。卵を産むのは8月ぐらいからとのこと。まだ幼いニワトリたちです。

また田舎暮らしの楽しみが増えました。



というわけで、明日明後日と定休日です。


では木曜日から、よろしくお願いします。

ブログに書くと賛否両論の振り幅が大きそうなネタばかり頭に浮かんで(最新の自転車情報について)、10日ほどブログを書かない日が続きましたが、今日は書いても良さそう。


まずは出店告知です。

6月1ー2日は、新城市総合公園でこちらに出店します。

サコッシュ各種のほか、リニューアルしたROLL BAR POUCHのお披露目、またサイクリングを始めいろんなアウトドアに使えるウェストポーチの試作品を持っていきます。


アウトドア好きな人はぜひ新城総合公園へ!

で、ROLL BAR POUCH。

リニューアル以前は、表に弱撥水素材、裏張りにフッ素フリー撥水の素材を用いて水の侵入を抑えた構造でしたが、

裏張りを用いたことで裁断と縫製の工数が多く、販売価格以上の手間がかかっていました。

僕個人としてはデザインと使い勝手共にとても気に入っているモデルであり、今後も販売を継続し続けるために、


「工数を減らすことでより多くの制作を可能にすると共に、

(こちらの都合ですが)制作工数と収益のバランスを改善する」


という理由において、リニューアルを決断しました。


リニューアル後は、ボディの素材を防水のリップストップとしました。

しかしよくあるリップストップ素材とは違い、軽量で高強度の糸が施された布であるため、より耐久性や対摩擦性に優れています。



リニューアル版のROLL BAR POUCHは、6月1ー2日のイベントにて披露、その後各店舗様やオンラインストアにてご購入いただけるよう準備を進めています。




あと、試作品でコソっとウェストポーチを置いておきます。

気になる方、ぜひ手に取って見てください。

こないだの納品先。

ずらーっとDAYTONA MobilityのDE04が並んでおります。


これはレンタサイクルで、景色のいい山里を巡ることができます。こう見えて電動自転車ですよ奥さん。

こないだはフレームバッグにあれこれ詰めて、隣の県へ峠越えをしてきました。

で、シングルスピードを激しく後悔。。

(シングルスピードとは、ギアの無い自転車のことです。略してSSと言いますが、全てのSS乗りは、あえてギア無しにしています。原点回帰とも解釈できる。)



原点回帰と言いましたが、自転車のその「原点回帰的なところ」が結構好きです。

しかしいつまでも自分の好きなものが好きな状態であり続けるかどうかはまた別。だって世界は進歩し続けるから。

技術の進歩により、モノは単純明快なものから段々と遠ざかっていく。それは致し方ないのは百も承知。

無駄 とは言わないが、新たな技術が入る余地のある「遊べる部分」に新たな技術を入れていく椅子取りゲームにビジネスがある。

それはとてもよくわかるし、そうすることはいいことだと思う。



でもね、、

自転車小僧の一人として、学生の頃に自分でオーバーホールしたママチャリが忘れられない小僧の一人として言いますが、


なんかおかしくない?やりすぎじゃない??


と思わず目を疑った記事があったので、その記事のことが将来現実になった時に、果たして僕は「最新の自転車を好きで居続けられるのか?」と、自分に対しても少し絶望しました。



来週6月1ー2日は、最新のロードレーサーが疾走するレースも見ることができるほか、そのいわゆる「原点回帰的」な自転車シーンも見ることができます。

僕の好きな自転車シーンも新城で見られる。


ってことで、お時間ある方はぜひ、来週は新城へお越しください。



では明日もよろしくお願いいたします。



お伝えしていた通り17日の臨時休業に加え、18日の土曜日も臨時休業いたします。


ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、何卒よろしくお願いいたします。

18日の日曜日から通常営業となります。

今朝は稲武もかなり冷え込みました。


店番を妻にやってもらい、土本はあっちこっちに納品納車受け取り納車という具合で車で走っておりました。

今日もありがとうございます!



GW中はずーっと店にいた気がする、というか居たので、少しでも外出したく昨日の朝イチで息子と山歩き。

新作候補を携えて、フィールドテストというのにはちょっと簡単すぎるけど、とにかく製品も外に連れ出すことにしている。


目的地は家の裏の登山道を歩いて10分ほどの山の神様。

少し綺麗にして、しばし休憩。

っていうか俺の水飲み過ぎじゃないか、君。

茎から放射状に枝が出ている。これはなんだろう。

苔むした道が心地よく、いつものお地蔵様ごっこにも力が入る。

父もいつもやらされる。

撮影:息子

カメラを渡したかどうかあまり覚えていませんが、息子は今日「も」たくさん写真を撮ったらしい。



東三河も西三河も南信も東濃もお客様がいるエリアですし、山が繋がっており道も然りですので、フィールド遊びは稲武に限らずいろんなところに行きたい次第です。もちろん仕事も。


山に住んでいるからこそ得られるものはたくさんあって、それを誰よりも大切にしたい。

っていうか、まずは山に住んでいる人がそれを大切にしなければ、一体誰が大切にするだろう。

こんなにいいところに住んでいるんだぞ って、もっと胸を張っていいと思う。



息子は4歳になり少しずつ外遊びに安定感が出てきました。

決まった集団生活もしつつ、外に出て「いろんなもの」を見ることも経験させてあげたい。


いろんなものが速い現代に、自分の歩幅とスピードで歩くことは、なぜだかわからないが自信に繋がると言うか、人の物差しと自分の物差しとの区別がつくと言うか、

なので、歩くことがけっこう重要だなぁと思っています。


って、自転車屋が言うか笑

まぁ、自転車屋でもありますがアウトドア屋なので、そこは一本通じています。



愛知、岐阜、長野の3県の県境である稲武にいると、それぞれの県民性を肌で感じることができる。そしてそれは本当に面白い。

言うまでもなくやっぱり愛知はせっかちだが、

岐阜、長野のゆったりとした県民性には心が和らぐ気持ちがします。


でも稲武の なのか、山の なのかはわかりませんが、

人の優しさにいつも触れていると、

やっぱり田舎暮らしはいいなぁと、いつもそういう結論になります。


しかしただ単に僕の物差しが人と違うだけのことであって、街がダメとかそう言う意味ではないのですが、

自分の物差しで納得のいくやり方をを選択してよかったな といつも思う。



GWに続く連勤をもう少しやって、来週は通常の火曜日、水曜日と、17日の金曜日もお休みをいただきます。


では明日もよろしくお願いいたします。

ゴールデンウィークがおおよそ終わり、とにかく晴れてよかった という日本の長期休暇でした。


土本はというとずーっと仕事していましたが、さすがに山の中なのでたくさん来客があるということもなく、ほどほどな感じ。


ただ有難いことにそれなりに納品や出荷など業務はありましたので、よかったです。


いつもの方も、初めましての方も、ご来店いただいた皆様ありがとうございました。




時間があったので、ずーっとやろうと思っていたことをついに実行。

っていうほど重い作業ではないのですが、


捨てるのは勿体無いけど活用できる製品がない という理由で捨てずに2年くらいずーっと溜まっていく一方だった布の端材が大きい段ボールいっぱいになり、


縫い合わせて一枚の布にしよう とついに思い立って少しばかり縫いまして、


どうせならバックパックにしよう というわけで妻に作ったものがこちらです。

まぁ、形状はありきたりですがシンプルイズベストってことです。

しかしパッチワークはいいですね。

可愛らしいバックパックができました。



端材はまだまだたっくさんあるので、捨てるのは勿体無いので製品にして販売しようか と思ってます。

何を作るかは思案中。売り方も検討中。

ついにこの5兄弟が嫁ぎました。


電動っす。

山間部の脱・車生活にものすごくいいと思います。(試乗車を私物化している土本が言うから間違いない)

保育園への送迎もへっちゃらです。



余談ですが、、、

移住なんて考えてもいなかった8年前に新車で買ったマツダボンゴ、ヨツバサイクル7台+大人車3台くらい載るし、無骨で気に入ってるんですが、

デフロック4wdとはいえフロント寄りのミッドシップにリア駆動だと、稲武の雪道がものすごく怖い。

雪がしっかり降るところならまだマシなのだが、稲武くらいの中途半端な降雪量だと道がシャーベット状で、リアが軽いボンゴだと全くリアの接地感が感じられず恐怖しかない。


タイヤはBSだが、如何せんリアが軽いので高い費用で良いタイヤを買っても、費用対効果が非常にイマイチでなんだかなぁといった気分。(今年はタイヤを買わなければいけない、、)


荷室は、もう少し狭くてもいい。



ってことで、

スバル製サンバーへの乗り換えを考えている!!!


求む!中古車情報!!!!!!




ってことで明日もよろしくお願いします。

昨日の夜に、とても嬉しい写真が届いた。


青森県は弘前のアウトドアツアーガイド、いつもお世話になっているモヒカンの花田さんからいただいた、SALT WORKS製品とサイクリングツアーのお客さまとの写真。

花田さんとの出会いはこのブログでも何度か書きましたが、あれからずっと、こうしてご愛顧いただいているのは本当に嬉しい。

サイクリングツアーのお土産のひとつとして、SALTWORKS製品を使ってもらっています。

愛知と青森、遠いところですがこうしてご縁で繋がりをもてて、大げさではなく前進する気力が湧きます。ありがとうございます。


聞けば海外のお客さまも多いとのこと。

言語の壁を超えて楽しいツアーを提供している花田さん、リピート客が多い。


花田さんにガイドをしてもらったら、そりゃ楽しいに決まっている。僕もいつかカヤックのツアーに参加したいなぁ。


その花田さんも主催の、チャレンジヒルクライム岩木山。

青森旅も兼ねて、ぜひ行ってみてください。

こちらからエントリーできます。

チャレンジヒルクライム岩木山ホームページ





今日はGW初日、塩の道稲武は本来ならば割と賑わうところですが、雨なので道の駅も人がまばらのようです。


土本はというと、納品予定の車体の組み立てが進む進む。。。閑散とする中バキバキと車体を組み立てていました。


浜松からチョーさんが来てくださり、お土産をいただいた。いつもありがとうございます。ステッカー渡し忘れた。

何これめっちゃうま!!!


ほらみなさん、ご覧ください。後ろから妻「しお」の手が伸びているでしょ。

この後あげ潮の袋の中に妻の手が伸びて1個つまんで口に入れて、1個つまんで口に入れて、1個つまんで口(エンドレス)。


「塩路にて しおが手をだす あげ潮を 隠せばよかった しおのカバンに」

上手いですねぇ〜〜〜



明日は晴れるといいなぁ。

念の為GWの営業カレンダーを貼っておきます。

GW、働きます。



では明日もよろしくお願いします。

GWの営業日です。

まぁ、大体いつも居るのでカレンダーあってもなくても なんて思ったんですが、わかりやすくしましたのでみんなきてね。

GW中の終日休みは5月1日のみ、2日と4日は大量納品と出張により店は午後から営業です。

って、明日からじゃないか、GW。



どうでもいいことですが、

今日作業をしていたら、店の入り口から「コツっ」と音がしたので、来客かと思って見てみたら、

開けっぱなしにしている入り口から、ハトが入ってきました。で、入り口の内側にスンと立っている。

ハトの目的など僕にはわかりませんが、ハトもどうやらわかっていないようでした。


10秒くらい入り口にぼーっと立っていて、それから何かを思い出したのか引き返していきました。

ハトが何を思い出したのか僕にはわかりませんが、ハトもどうやらわかっていないようでした。



題名の珍客はもちろんハトのことです。

今日お持ち込みやご来店いただいた方ではないです。



では明日から、よろしくお願いします。

今日は開店前にサクッとサコッシュ一つで気になっていた古道の探索をしてから、仕事へ。


残念ながら砂防堰堤の造成により道はなくなっていたようですが、ちょっと彷徨っていたら道っぽいものが尾根を登るようにあったので、しばし登る。


程なくしてそれも無くなりましたが、それがどうした。山はやっぱりいいですね。




ちなみに探していた古道は、その昔山の上の住人が麓まで降りるために使っていた道のこと。

それこそ小学生も登下校にその山道を使っていたということです。

道って、無くなったらそれまでだけど、道がまだあるならばできれば残したい っていうのはアウトドア好きからすると当たり前のことですが、

住人である僕にとってはなおさら。


だって、山道が残ってたらそれは魅力的だ。遊び場にもなるし、散歩ルートにも使える。子供とプチトレッキングなんてのもできる。最高だ。


・サーモスの500ml保温ボトル

それほど汗をかくシチュエーションでもなかろう と思い、ホットなお茶を持って行った。

・袖なし極薄のウィンドシェル

・ソニーのコンパクトカメラ


だけをサコッシュに詰め込み行動。

それにしてもHATCHさんのこのベルは、見た目といい音といい、とてもいい。

音色がいいから静かな山に響いてもとても気分がいい。

あと今日のような小渓流が横を流れる場所でも問題なく響く。


SALT WORKS製品は、現在少しずつショップさんにて取り扱いいただけるようになりました。


その辺もまた追って紹介します。

やはり実際に手にとって実物を見たり、実際に使用しているショップの人から話を聞くのは、間違いのない買い物につながると思うので、ぜひそうしてほしいところです。




というわけで、明日も営業です。


では明日もよろしくお願いいたします。