日記

今日は夕方まで新城にて用事があり、夕方からあけび沢パンプトラックの様子を見に行った1日でした。


暑いですが明日から曇り→月曜あたりから雨?の予報だそうで、日が陰ると一気に涼しくなる稲武ではとてもありがたい曇り空となりそうです。


明日明後日の午前中は、稲武の宿泊施設hibiのいなぶのまちサイクリングツアーです。



さて大変お待たせしました!

ロールトップ部の生地も決定して、販売モデルの完成となった、ロールトップサコッシュの紹介です。


ブランド名:SALT WORKS

モデル名:ロールトップサコッシュ

ボディには、塩縮加工されたナイロンを使用。生地の質感はナイロンにありがちなテカテカしたものではなく、綿のような風合いであり、普段着にもよく馴染みます。

弱撥水の生地となります。


大き過ぎず、小さ過ぎず。

2時間ほどのサイクリングや山里の散策、日常にも幅広く使えるサイズ感です。

ボディ外側にはポケットを配置。

スマホが横向きで入るサイズです。中のものが落ちないようにマジックテープが付いています。

ロールトップ部には引き裂きに強い素材、かつクルクルと折り畳んだ際に元に戻ってこない程度の張りで、使い勝手も良いものをチョイス。

ロールトップ部の生地は防水となります。

例えばボディの中から頻繁にモノを出し入れするようなシーンの場合は、ロールトップをバックルで留めずに、こうして内側に畳むといい。お客さまがこう使いたいとおっしゃていて、なるほどとなりました。



今日は取り急ぎ完成させたものを撮影しました。

他のカラーは完成し次第アップします、来週中にはアップできると思います。


販売はBASEもしくは土本自転舎現地にて、8月に入る前には間に合わせたいと思っています。


またブログSNSでアップしますので乞うご期待!


では明日もよろしくお願いいたします。


本日もありがとうございました。


地球が遠火でじっくり焼かれているような暑さ、しかも表面が焼けたタイミングで裏面に返してまたじっくり焼かれるので、人間はヘトヘトです。。


今日は一日自転車の修理や組み立て業務を。

稲武も日差しは暑いですが、木陰は涼しいのでまだ助かってます。

築80年の我が家は、隙間だらけでおまけに日の当たる時間が短めなので、冬は家中凍ってもうやる気なくなるほど寒いのですが、夏は家の中が涼しいのでまだ助かってます。


今日は夕方から玄関前に山水を引けるようにして、バケツに貯めた山水がピューっと出て瓦を裏返して階段状に積んだ上を水が流れるように水路を作って、気分だけでも涼しく。

そして庭に打ち水を始めました。


最初からエアコンが付いていない家だし、僕も妻もエアコンが嫌いで、つけても隙間だらけの家であんまり意味がないので涼しく感じる工夫を凝らす日々。それでなんとかやっていけているから、山里に住んでいてよかった、、と思う今日このごろ。



今日は名古屋から友人イガミさんが来てくださって、先行でサコッシュのご注文をいただきました。


ありがとうございます。

今日はロールトップ部分の生地を縫製した完成品をお見せしました。


そう、サコッシュのロールトップ部の生地を決定しました!


ただ明日から日曜日まで縫製作業がおそらくできないので、週明けから完成品を縫製し始めて、早めに写真とともにお見せできるよう進めます。



そして今日一番紹介したいこと!


6月29日発行の豊田市デイズ、稲武のhibiさんの紹介ページにて、僕がガイドを務めさせてもらっているサイクリングツアーの紹介と、なんとカバンの紹介もしてもらいました!

ぜひ読んでみてください!!


いつも取材していただく方の気さくさ明るさに元気をもらい、またこんな機会をいただいて励みになりました。


また明日からも頑張ります!


暑い日が続きますが、避暑がてら稲武に遊びにきてみてください!


では明日もよろしくお願いします。

本日もありがとうございました。


今日の午前中は新たなカバンの試作(昨日の続き)をして、試作品が完成。


割と頑張った、、

またロールトップサコッシュの開口部の生地を新たに一つ発注。

販売に向け急ピッチでやっております!




さて、昨年2021年に開催された Bike&Beer2021 

稲武で自転車とビールを楽しんだ昨年の夏!


今年もやります!


Bike&Beer2022 

いなぶで楽しむ自転車とビールと。

昨年と同じく 稲武のカフェ ヒトトキ を会場に開催いたします!


詳細は追ってお知らせします。


8月11日、稲武でお会いしましょう!


↑昨年夏のサイクリングの一コマ




今日も夜から消防団の活動のため夕方にブログを書いてます。

気づいたら毎日ブログを書いて1ヶ月。

これからもぼちぼちお付き合いください!



明日もよろしくお願いいたします。

今日は午前中に新たなバッグの試作をして、午後からはまた名古屋へ、夜は商工会の会議なのでブログを夕方に書いてます。


サコッシュのロールトップ部の生地、仕入れたものの一つを縫製して完成品に仕上げたところ、とてもいい仕上がりになったんですが、思うところあって別の発注した生地でも完成品を作ってみることにしました。



さて昨日ブログに書いた、7月30日あけび沢パンプトラック月一恒例「管理人の居る日」で、ヨツバサイクルの体験試乗ができることを書くのを忘れていたので(笑)改めて告知です。


ーーー

あけび沢パンプトラック 月一恒例「管理人の居る日」


日時

7月30日(土曜日)

10時〜15時

ヘルメットの貸し出しもありますが、数に限りがありますので持参していただけると助かります。

あけび沢パンプトラックについて


6月から、ヨツバサイクルの試乗車を常時揃えております!

サイズ合わせや、現物をみてみたい方はぜひご利用ください。


試乗できる車体の詳細は試乗車ページにて




まだ6月なのにすごく暑いですが、コースは木陰たたくさんありますので涼しい中で楽しめると思います!


明日もよろしくお願いします!

今日も皆様ありがとうございました。


昨夜は今年の夏のイベントに向けて関係各位打ち合わせと決起集会を兼ねてBBQ。


昨日もですが、今日も日差しが強く堪えました。。


日が陰ると一気に涼しくなって、でも日差しが出ると暑い。


というわけで夕方から、水浴びや打ち水ができるように山水のパイプを駐車場側に延長して、土本家なりの夏対策を施していました。まだ完成してない。



あけび沢パンプトラックの月一恒例「管理人の居る日」

次回は、7月30日にしました!!

木陰がいっぱいなので涼しいですよ!


ーー

あけび沢パンプトラックについて

月一恒例「管理人の居る日」


日程:7月30日


時間:10時から15時

参加や撤収の時間に決まりはありません。開催時間内であれば各自自由です。


走行可能な自転車は、マウンテンバイク、BMX、キッズ用の悪路走行ができるマウンテンバイクです。

タイヤの細いもの(シクロクロスやグラベルバイクなど)は走行できません。


場所

↓地図

名古屋側から来られる方:153号線沿い、道の駅どんぐりの里いなぶを超えてすぐの交差点を右折

長野側から来られる方:153号線沿い、稲武町の信号の先のトンネルを越えたらすぐの交差点を左折



ぜひ遊びにきてください!!


明日もよろしくお願いします。



本日もありがとうございました。

日曜日ですが意外と組み立てと修理作業のみの1日となりました。


さて昨日入荷した エントリークラスBMX KINK CURB を組み立てして、あけび沢パンプトラックで撮影してきました。


KINK CURB 詳しくはこちら


販売金額:48,400円(税込)


カラー:Matte Brushed Silver 在庫1台

ほか、Matte Midnight Black 1台、Gloss Blood Orange 1台を在庫しています。

全国で限定80台の入荷です、そのうち3台が土本自転車にあります。


特に限定品というわけでなく、2022年モデルの入荷が全くない業界で、国内代理店が頑張ってなんとか仕入れた、という意味の限定 ということです。


欲しい!(僕が)



この写真のシルバーはすぐにお渡しできるようにきっちり組み立てましたので、即納できます!


7月中旬くらいまで待って一台余っていたら一台だけ僕の私物になります(笑)


シルバー、ブラック、オレンジ各一色のみです。

早い者勝ちですので、気になる方はまずはお問い合わせください。



では明日もよろしくお願いします!!

今日も車体のご注文やご相談などいただきましてありがとうございました。


組み立て作業や修理の業務をして、草刈りをしたあと、今日も隣町へ納品へ。

山里の風景が好きなので納品は楽しい仕事の一つです。いい気分転換!


↑昨年の写真ですがいなぶのまちサイクルリングツアーの様子




「田舎の風景はそこに住まう人たちが作っているもの」


これは僕の大好きな言葉で、今日僕が見た風景も、みなさんが良い景色だなと思う風景も、実は誰かが手を入れて作っているもの。


人工物がない手付かずの自然や原生林、遥か先に見える山脈のように、自分の中の世界や時間軸とはかけ離れているものには心惹かれるものですし、僕も遥か先に見える山脈や手付かずの自然や原生林が好きなのですが、

田舎の風景、その住まう人たちが毎日生活をする上で行っている営みに僕は強く心を惹かれ、そしてなぜか懐かしく感じる。


戦後に種を植え始め、芽が出て花が咲いた個人主義からすると、田舎暮らしは地区のルールがあったり草刈り必須だったり、老いも若きも役割はできる限り果たさなければいけない と言うのが、田舎暮らしと個人主義とのかけ離れた部分ですが、

それがあるから田舎の風景がある。

共同体が保たれているからこその風景があって、毎日それに癒されている自分がいる。そして自分も共同体として今日も暮らしている。


そこは、これからも忘れずに暮らしていきたいと思いました。




最後堅苦しい(戦後とか言ってるし)話になりましたが、

2日前からBMX、BMXと言っていた エントリーグレードのBMX KINK CURB (全国80台限定、うち3台発注)が なななんと、


今日入荷しました!!

早っ!!


と言うわけで組み立て開始しています。


もう現物が見れますので、気になる方はご相談ください。


電話070−2220−7469

メール:tj@inabu-cycle.com

までお願いします!!!


では明日もよろしくお願いします。





本日は名古屋へ用事があったため午後から出かけておりました。


ひっっっっっっさしぶりに街に出ましたがほぼ高速での移動だったので感慨も何もなかったです。

今日は僕のチャレンジに向けてのプレゼンでしたが、うまくいったようでこれからの僕の活動へ追い風が吹くこととなるでしょう。

詳細は今言ってもしょうがないので省きます笑

まぁ、追々書くかもです。



昨日あけび沢パンプトラックの整備をした際に撮った写真


いいロケーションなんですよね。そして毎日誰かが来てくれる場所です。


この場所であけび沢パンプトラックをオープンしてまだ3ヶ月ほどですが、こんなにも地域の人に喜ばれて、地区外の方もたくさん来てくれるとは思いもよりませんでした。



パンプトラックで使いやすい自転車としてBMXを発注しました。

昨日ブログに書いたBMXは、合計3台が入荷します。(オレンジも間に合いました)メーカー在庫はこれで完売です。


BMXとは、端的に言うと、移動手段としての使い勝手を取っ払って、遊びに特化した自転車です。


だから、コースに行って遊びたい!となると、BMXは本当に調子が良いわけです。


逆に、買い物に行ってくる!BMXで!と言うのは相当しんどいです。(身体が)


BMXとは何か?を文にすると長くなるし野暮なので、この単語を検索してください。

・バニーホップ BMX

・マニュアル BMX

・パンプトラック BMX

・ダートジャンプ BMX

これで大体わかると思います。


この文化の世界観が伝わると思います。


上の検索ワード BMX を マウンテンバイクに置き換えても同じ内容のものが見られますが、

BMXの良さとは、、、


ズバリ!

安い!=手軽!!!

そして、

壊れにくい!!

なぜなら構造が単純だから!!


あと!頑丈!!


そして何より。

トリック(バニーホップとかの技)とか、パンプトラックを走行するために専用設計されているので、それ専用品と言うことです。専用品だから、色々と都合がよくやりやすい。


逆に、マウンテンバイクの場合、山道を走ったり、林道を長距離走ったり、ゲレンデを高速で下る ために作られていて、汎用性が持たせてあります。乗り慣れていればパンプトラックやトリックもできますが、専用品の方が使いやすいです。

(マウンテンバイクの中でもBMXのようなパンプトラックやトリックをやる専用バイクもあります。ただ引き換えに汎用性がなくなります。)


と言うことは、

パンプトラックで走る専用自転車が欲しい!

と言う場合は、BMXが最適となります。




あと、サイズについてですが、

BMXの車輪は大人用は大体20インチ。子供用は18インチとかもあります。

フレームサイズは「20インチ」、「20、5インチ」「20,75インチ」「数は少ないけどそれ以上」となっています。


フレームのサイズとは?


これは、非常に大まかに言うと、サドルからハンドルまでの長さのことです。


だから、数字が大きいほど距離が長くなって、背の高い人向けとなるわけです。


発注しているKINK CURBと言うモデルは、フレームサイズが20インチです。


適応身長としては、156cmくらいから169cmくらいまで。

まあなんとも微妙〜な数字ですが、好みもあるのでこんな数字にしています。



BMXって、自転車の中でもかなりファン層が狭くて、あまり語られることが少ないジャンルですが、これから少しずつ書いていこうと思います。


BMXが気になる方、ご質問などございましたらぜひご連絡ください。

そして、入荷するこのモデルはうちには3台しかありません。

全国80台限定入荷で、もう問屋在庫は完売です。


購入を検討されている方はお早めに!!


おそらく来週中に入荷しますので、現物をみたいと言う方もご連絡ください。


明日もよろしくお願いします!







本日も、SURLYお問い合わせ、修理のご依頼をいただきましてありがとうございました。


稲武地区内では無料で納品に伺っているのですが、今日も素晴らしいロケーションの中での納品となりました。


ほんとに、山里での納品ってすごく楽しい。

密かに楽しみにしている仕事の一つです。


修理のお客さまからは去年始めたという養蜂で取れた蜂蜜をいただき、また納品先ではりんごジャムをいただき、もう幸せです。


納品を終えて帰宅したら妻が買ってきた蜂蜜の大瓶(何に使うのかはわからない)が置いてあって、非常にインパクトが強かったのでネットの波に乗せておきます。

あのー、大丈夫ですか?


さて、あけび沢パンプトラックの整備を朝一で終えて、車体の作業をしていたところ、弊社の取引先であるモトクロスインターナショナルから電話が。


発注していたBMXが入荷したとのこと!!


来た、、!!


これです。

ブランド:KINK

モデル名:CURB

入荷するカラー:

・ MATTE MIDNIGHT BLACK 一台

・MATTE-BRUSHED-SILVER 一台

価格:48,400円(税込)

エントリーモデルのBMXです。詳しくはこちら


モノが手に入らない中で、今回全国で80台限定で入荷です。

で、お店に入荷する前に代理店は予約分でほぼほぼ完売だそうで、今日の時点で赤のみ残り8台しか残ってないそうです。

ええ、残り全国で8台です。多分週明けには無くなっているかと。


貴重な2台、稲武にありますよ!

(※ブログを書いてる途中に、残り8台のGloss Blood Orangeも1台発注しました、頼む!在庫残っていてくれ!!なので間に合えば3台あることに。)


実はこの2台のうち1台はあけび沢パンプトラックでのBMXでの走りやすさを検証したいがために、自分用に仕入れたもの。


ただ、当然お客さま優先ですので、ほしい!と言う方はぜひこの機会に手に入れてください。

BMXも品薄な状況ですから、なかなか手に入りません。

しかもこの価格。エントリーには最適かと思います。


7月中旬くらいになって残っていれば一台は僕が所有します笑


続いてSURLYの当店在庫状況です。

ーーー

完成車

crosscheck 52cm BLACK

・disctrucker 42cm

フレーム

・straggler 42cm カラー:CHROLINE DREAM

・straggler 56cm BLACK

・crosscheck 46cm BLACK

・crosscheck 54cm BLACK

・bridgeclub Sサイズ BLACK(←6月25日現在 仮予約あり 取り置き中)


ーーーー

KINK BMXやSURLYのご予約、その他修理のご依頼や車体のご相談など、

お問い合わせは

電話:070ー2220−7469

メール:tj@inabu-cycle.com


までお願いします!


では明日もよろしくお願いいたします。



連日の雨で晴れが待ち遠しい稲武からこんばんは。

昨夜の強い雨の影響を確認しにあけび沢パンプトラックへ行きました。

雨の稲武

そろそろ水はけのラインを再工事する必要がありそうです。

そのうち平日にコースをクローズして作業をしようと思います。



さて品薄状態が続く自転車業界、モノが手に入りにくい、というか入らない世の中ですので、うちの在庫状況をここで書き記しておこうかと。

・SURLY

完成車

crosscheck 52cm BLACK

disctrucker 42cm 

フレーム

・straggler 42cm カラー:CHROLINE DREAM

・straggler 56cm BLACK

・crosscheck 46cm BLACK

・crosscheck 54cm BLACK

・bridgeclub SMサイズ BLACK


ご要望に沿ってフレームから完成車を組み立てることもできますので、SURLYが気になっている方はぜひご検討ください。


お問い合わせは

電話070−2220−7469

メールtj@oinabu-cycle.com

まで。


では明日もよろしくお願いします!

本日もお問い合わせなどいただきましてありがとうございました。


自転車、カバンともに入荷がなかったので、午前中はオフとなりました。


今日は稲武のお世話になっている方の梅畑で梅の収穫を、友人とうちの家族でしてきました。


収穫に行く前に 和菓子屋 まつ月さんでお買い物。


水車にはしゃぐ息子。


到着。車で10分ほど。

いっぱいいただきました。


我が家の梅ジュース、梅酒、梅肉エキスになります。


収穫を終えた後は梅畑のオーナーさんのお宅でお茶をいただき談笑タイムとなりました。


一口に稲武と言っても地区によって特色があっておもしろいです。


ここはとても静かでいいところです。


ありがとうございました!


ーーーー


品薄状態がまだまだ続く自転車業界、値上げのお知らせも日に日に増してきています。


<即納ができる自転車>

SURLY CROSSCHECK オリジナル完成車


SURLYのオリジナル完成車はまだまだ増えていきます!


随時ご紹介しますのでこれからもよろしくお願いします。

本日もご相談や納車をさせていただきました。ありがとうございました。


納車したお客さまからいただいたプレゼント。

隅っこ暮らし。ここが落ち着くんです。と書いてある。

嬉しいなぁ。ありがとう!

なんで一人だけUFOキャッチャーで持ってかれてるのかが非常に気になる。


こないだふと、一番近い自転車屋、もしくは修理店は何キロ先にあるんだろう?と思って調べてみたら、

約30キロ先まで無いことが判明。

さらに古ーい自転車から最新のレーシングバイクまで扱える自転車屋は、おそらくもっと無いことでしょう。


自転車が壊れたら数十キロ先まで車に積んで持っていかなければいけない状況、しかもパンク修理のように10分ほどで終わる作業のために1時間以上車を走らせる となると大変でしょうから、もっともっと当店の知名度を上げなければ、自転車屋はうちしかないんだから、責任重大だ と気がつきました。



話変わりますが、土本自転舎は、自転車の販売、修理だけの提供ではなく、遊びや使い方の提供をできるよう、常設無料のコース あけび沢パンプトラックを運営しています。


あけび沢パンプトラックの存在意義を最近考えているのですが

山間部においては子供は大体みんな自転車を持っているけれど、自転車を移動手段として使うシーンは、坂ばかりだからどうしても少なくなる。

ならば積極的に、遊ぶために自転車に乗る ができれば手持ちの自転車の活用ができる。


上記の意義は、コースをオープンしてから2ヶ月が経過した結果得た意義。だから後付けの意義といえばそうなのですが、でも意義は意義。


パンプトラックというのはまだまだ認知が行き届いておらず、100人自転車乗りを集めてもおそらくパンプトラックを走るのが初めてという方が8割?9割?という世界。


でも、ゆるーくて誰でも最初から完走できるようなコースを作ろうとは思いませんでした。


できないことができるようになる。パンプトラックにおいてはそれが非常にわかりやすい形で、安全に経験ができるからです。そしてそれは一個人での経験。


スタートできなかったのが、スタートできるようになる。

ゴールできなかったのが、ゴールできるようになる。

ペダルを漕がなければゴールできなかったのが、漕がずにゴールできるようになる。

失速している箇所がわかるようになって、そこの対策がわかりすんなり走れるようになる。


みたいに。


ゆるーいコースの存在を否定するつもりはありませんし、それがあるから本格的なコースや上級者のみ楽しめるコースも輝く と思っています。始めやすさ は大事。


あけび沢パンプトラックは、小さいですが本格的なレイアウト。コブは正直言って大きめです。

そうは言っても、子供たちは最初は走れなかったのがスタートさえできるようになれば気づいたらゴールができるようになっていて、大人とは成長スピードがあまりに違いすぎて、びっくりします。成長を如実に感じるので、見ていて楽しいです。


そう、本格的なコースなので、あけび沢パンプトラックが走れるようになれば、ジャンプしかない(!)超上級者コースでなければどこのコースへ行っても走れるし、安全に楽しめます。


特に、近くだと長野県CABトレイルのように温泉やレストランなどがある施設に併設されたパンプトラックもあって、自転車を持って家族で遊びにいくと楽しいと思います。


実際あけび沢パンプトラックへ来られるご家族もこないだ行ってきた模様。


感想がすごく聞きたい、、!



ジャンルを理解するには、回数をこなすことと、深みを知ることだと思うのですが、


パンプトラックで言い換えると、回数とはコースの周回を重ねること。いろんなコースに行くのもいいとは思いますが、同じところ(しかし単調ではなくしっかり考えられているところ)をぐるぐる回るのはとてもいいと思います。

深みを知る とはパンプトラックで言うと、前述したように本格的なコースのこと。

できないこと、わからないことがわかるようになっても、知れば知るほどわからないことが目の前に出てくること。そしてそれを理解しようとせずにはいられない。

それを、自分自身の中だけで思考し、苦悩し、実践し、得る。



なんだか経験がステータスへと安易に変換されがちな世の中で、誰もがわかりやすい経験のジャンル(海外経験とか、超過酷な山旅とか)が硬い棒切れとなって他人に振り回されているのをたまに見かけると、


山里で自分のジャンル「自分の思う自転車屋」を極める。ただそれを続けたい。


となりました。


隅っこ暮らしかどうかはわかりませんが 「ここが落ち着く」そうなのかも。



長文失礼しました。


明日もよろしくお願いします!