修理デー

今日も修理のオーダーやご相談などいただきありがとうございます。


この一週間で、修理も様々なオーダーをいただいております。


キッズバイクやクロスバイク、往年の名車の復活まで様々、、


春になり、土本自転舎も賑やかになってきました。

こちらの子供車、自転車の練習用に1ピースクランクのペダルとクランクを取り外し。ストライダー的な乗り方で使われます。

オーナーさんと相談して、BBに圧入されているベアリング受けのカップはそのままに。ご自身でクランクとペダルを取り付ける際にできるだけ簡単になるよう作業しました。

言わずと知れたルイガノ、塗装前の自作開き戸を添えて。


ずーっと大事に乗られていたようで、でも年月には勝てず、リアホイールのスポークがユルユルになってしまい、もはや走れない、とのことでスポークテンション調整。

ここまでくるとリムが曲がってしまってテンションのばらつきは完璧には直せないのですが、新車を購入するまでの繋ぎで乗れるようにしたいとのオーダー。併せて費用のかからない程度に点検も。


このようにご予算やご都合に合わせて修理の着地点を千差万別に変えての作業も行っています。


Your bicycle is your bicycle と昔言った有名なアメリカのフレームビルダー(どなたか忘れました、、)これの意味があまりにも深く、この意味を自分は掴んだようで掴み切れていないようで。今手元にある自転車が大切にすべき君の自転車なんだ と、言っているような、どうなのか。


なにはともあれ、自転車を提供する側としては、シンプルに、壊れて使えない乗り物を使えるように直すことはやりがいなんです。実はママチャリのパンク修理が一番好きな自転車屋の仕事です。と答える自転車屋さんは多いです。僕もそのクチです。


とまあ、修理のご依頼が増えてきたことがけっこううれしい土本自転舎。


結論:修理お待ちしております!


ではでは。

豊田市稲武地区の自転車屋 土本自転舎

豊田市稲武地区 153号線沿いの自転車屋 スポーツサイクルから日常の足のママチャリまで、自転車の販売、修理を行っています。 所在地:豊田市夏焼町ヤマダ322-6 電話番号:070-2220-7469 メールアドレス:tj@inabu-cycle.com

0コメント

  • 1000 / 1000