夏の稲武

すっかり暑くなってきました。


長野県と岐阜県の県境と言えど、暑さが出てきました。


ただ、木陰やひぐらしの声に感じる涼しさや、朝方の「寒さ寄りの涼しさ」は、しっかり噛み締めていたいと感じる夏です。

8月1日は、稲武町中ツアーに3名の方が参加。

稲武を満喫していただきました。


自転車で巡る楽しみを、自転車でなければ周れない場所をご案内しています。


観光地ではないけれどゆっくり非日常に浸れる。

豊田市稲武町周辺は、そのような場所です。



久しぶりに自転車に乗る方でも楽しめるようなツアーの内容です。


今回参加した方々は、自転車に精通しており、ロングツーリングやレースも走られる自転車フリークのみなさま。

距離は短くても、楽しんでいただけたようです。



”観光地ではないけれどゆっくり非日常に浸れる”

これは地元に住んでいる土本自転舎もそう。

稲武の町中からほど近く、稲武支所の裏手にある、稲橋八幡神社。

八幡神社の 息のような静かさ、地域に愛され続けている場所だから感じられる暖かさが好きです。


神社とは、人が心身ともに集まる場所であり、人が心に一服する場所である。神社を取り巻く歴史には紆余曲折あったと思いますが、現代を生きる僕にはそのように感じます。



避暑、というと簡易な言葉ですが、町中からほど近い”非日常を感じられる場所”、豊田市稲武町にみなさま来てみてはいかがでしょうか。



土本自転舎

愛知県・岐阜県・長野県の県境に位置する、豊田市稲武地区の自転車屋 奥三河と東濃にほど近い、自然豊かな山里の”小さな小屋”で営んでいます。 ◇奥三河と東濃では初のsurly特約店 ◇surly kona ヨツバサイクル 取扱店 ◇自然豊かなフィールドで遊んでいる店主が、”山里で遊べる自転車”を提案 ◇整備士歴10年の実績、幅広いジャンルや年式の修理、カスタマイズが可能 ◇ポタリングイベント主催

0コメント

  • 1000 / 1000