自転車屋の会合inせとしなのサイクル+余韻で何故か考え込んでしまった回

本日は休日にします!と言っていたにも関わらずあけび沢パンプトラックの周回バームの改善をしていた土本自転舎。朝はバックホー+スコップで格闘してました。


んで、午後からはこれ。


すんごい濃い人たちと場を共有。(僕はちょこんと座ってました。)


せとしなのサイクルさんのお声かけで、屋外で自転車屋の集まりがありました。

僕はしなサイさんとは元同僚で、セカンドワークという印刷屋の奥さんとも色々とお世話になっているのもあり今回お声がけいただきました。


今現在の自転車文化を作り、業界を牽引されてきた有名プロショップさんたちとの時間は貴重なものでした。




そう、話の流れがおかしいですが自転車大好き小僧に始まりママチャリ量販店とプロショップを経て尚ずっと思ってることを一つ。


これは僕の所感ですが、自転車って(他業種にも言えることだと思いますが、自転車を例に)、メカニックが望んでいるクオリティと入荷する商品のクオリティの差がかなりあるので、その差を埋めるべくメカニックが時間と労力を使い奮闘しているんですが、その差を埋めた時に発生する対価(工賃ともいう)をお客さまに求めることもできず、板挟み状態 というのが普通になっています。

箱で入荷した自転車を組み立てる って、言葉にするとただそれだけなんですが、100%そう簡単には済まないです。


表からは見えないところでありとあらゆるところをバラしたり色々しています。

そうしないととてもじゃないけど自信を持ってお渡しができない。

すぐ壊れる自転車(いわゆるなんか調子の悪い自転車)の状態ではお渡ししたくない。

ハンドルをまっすぐにして、サドルをつけて、ブレーキが効くようにして、変速ができる だけでは調子の悪いままです。


よく通販サイトで「自分で組み立てができます」と書いてあって、買うと箱の状態で家に届くものがありますが、それをみると なんだかなぁ と。


未経験者の箱からの組み立ては怖くてオススメできません、、が、買うのは当然自由ですから組み立てだけは自転車屋に持っていった方がいいです と言いたい。


ただその際工賃が発生しますが、2万かかります、と言いたい。


実際にやっている作業は工賃2万じゃ済まないんですが、2万で買った自転車に2万の工賃って、、、


となると、さてどうしたもんか、、です。

・2万です。と言って自転車屋が悪者になるか、

・安い工賃でテキトーにやるか(その際はこの店でやってもらったなんて絶対宣伝してほしくない、あと仕事へのモチベーションが下がるから極力やりたくない)、

・5000円で2万以上の作業をするか


あぁ、、、、「チャチャっとやってくれればいいから!細かいこと言わないから!」が一番困るんです、、、、人が乗る乗り物だし我々が尊敬する道具(自転車)だから、、、、


さぁどうしましょうねぇ、、これ。


チャチャっとやって知らん顔 が一番賢いんでしょうけど。なんか、、ねぇ??



以上、一方的な悩み相談でした。回答は要りません笑



今週末6月12日は あけび沢パンプトラック月一恒例「管理人が居る日」

です。


ぜひ遊びに来てください!



豊田市稲武地区の自転車屋 土本自転舎

豊田市の山間部、愛知県、長野県、岐阜県の県境に位置する稲武地区の自転車屋。 スポーツサイクルから日常の足のママチャリまで、自転車の販売、修理、サイクリングツアー、自転車コースの運営をしています。 住所:豊田市夏焼町ヤマダ322−6 TEL:070−2220−7469 MAIL:tj@inabu-cycle.com