SURLY Moloko Bar専用ハンドルバー

SURLY MOLOKO BAR用のハンドルバーバッグを作りたくて、試作をいくつか作っていたのですが、自信のあるものができて走りに出かけた土本自転舎。


しかもちょうど仕事の兼ね合いで新城市のHoo!Hoo!へ行く用事があり、そこは宿泊ができるところなので、実に3年ぶり?くらいに一泊二日の外泊をしました。

稲武ー津具村ー東栄町ー新城のルート。4時間ほどのライドを、試作バッグに着替え、防寒具、宿泊用具を詰めて走りました。


ロールトップ式で、口を閉じた状態で上部に荷物をくくりつけられるDカンとヒモを標準装備、今回は防寒具(青い袋)をつけています。


ロールトップサコッシュのタスキがけモデルをカメラバッグとして使用。4時間の走行、ダートやガレた林道も行程に入っていましたが、全くズレることがなく絶好調です。

急いで縫製をしていてうっかり、ロールトップ部分を裏表逆に縫ってしまい裏面が表に出てしまっていますが、試作だしまぁいいかとそのまま出走しました。


今回は外ポケット部に初めて使う布地を使っているので、ポケット部の縫製に改善点が出ましたが、全体的には満足いく仕上がりでした。


この仕様で販売いたします。


これを皮切りに、普通のフラットバー、ドロップバー、各種ハンドルに合わせた形状のものを順次リリースしていきます。


宿泊したHoo!Hoo!、ちょっと特殊なところなので一般的には宿泊ができないのですが、特殊 と書いている部分についてはまたいつか書きたいと思います。


では明日もよろしくお願いいたします。

豊田市稲武の自転車屋 土本自転舎

<出張修理承ります。> 豊田市山間部、奥三河全域、周辺エリア 自転車のことならなんでもご相談ください。 住所:豊田市夏焼町ヤマダ322−6(Googleマップあり) <お問い合わせ先> TEL:070−2220−7469 MAIL:tj@inabu-cycle.com 水曜定休 ※出張、ツアー、イベント等で不在の場合あり。事前にお問合せいただきますと確実です。